肝斑の治療┃メラニン色素を排出して綺麗にする

婦人

選ぶポイントはこれ

施術を受けるウーマン

以前に比べて気軽に訪れられるようになった美容皮膚科ですが、その理由として明朗な費用やスタッフの対応、そして充実したアフターケアがあげられます。最近では施術時間も短縮されていて、患者の大きな負担にはなりません。

View Detail

肌の深部のメラニン色素

レディー

美容系クリニックで

シミの多くは、紫外線の刺激により、メラニン色素が作られることで生じます。紫外線を浴びるのは肌表面ですから、この場合のメラニン色素は、肌のごく浅い部分で作られます。そのため美白化粧品の使用によって、除去することが可能となっています。しかし30代や40代の女性の場合は、ホルモンバランスの乱れによって肌の内部が刺激を受けて、シミができることもあります。このシミは、メラニン色素が肌の深部で作られているので、美白化粧品を使用しても美白成分が届かないため、消えません。このようなシミを肝斑というのですが、肝斑を消すためには、美容系クリニックで治療を受けることが必要となります。美容系クリニックでの、メラニン色素の排出を促す治療なら、肝斑をきれいに消すことができるのです。

レーザートーニングと薬

美容系クリニックでの肝斑の治療は、多くの場合はレーザートーニングによっておこなわれます。通常のレーザー治療は、肌表面に高熱を浴びせるというものですが、レーザートーニングは、微弱な熱を肌の深部に与えるという治療です。微弱とはいっても、熱は肌にとって刺激となるので、体はダメージを受けた肌細胞を排出させるために、新陳代謝を活発におこなうようになります。すると、その肌細胞と一緒にメラニン色素も排出されるようになるのです。また美容系クリニックでは、メラニン色素の生成を抑える薬を使った治療がおこなわれることもあります。新しいメラニン色素が作られなければ、肝斑は通常の新陳代謝によって、ゆっくりとですが自然に消えていくことになるのです。

薄毛の悩みを解消する

女医

東京には、薄毛治療で有名になっている美容外科クリニックがいくつもあります。カツラでごまかしたり、育毛剤でセルフケアしたりしている人が多いですが、少しでも早く確実に髪の毛の量を増やしたいと考えているのであれば、美容外科クリニックで治療を受けるのが一番です。

View Detail

ボトックスの効果

整形

ボトックス注射を使用することによってシワを軽減させたり顔のパーツを形成させることが出来ます。その他にも脚に使用すれば脚痩せも可能です。短時間で行えますしリスクも少ないので人気のある治療のひとつでもあります。

View Detail